投稿

イメージ
平和会公開医療講演会のお知らせノーベル賞につながったPD-1の発見者 石田靖雅氏が講演

私ども社会医療法人平和会がとりくむ「医療機関と住民の協同で健康運動教室を発展させる指導者養成事業」が、福祉医療機構の2019年度社会福祉振興助成事業に採用されたことにともなう報告の機会に、石田靖雅氏(奈良先端科学技術大学院大学准教授)の快諾を得て講演会を開催させていただくことになりました。

当ブログをお読みくださっている方は先刻ご承知かと思いますが、がんの新たな免疫療法や本庶佑氏の2018年ノーベル生理学・医学賞受賞へつながった、PD-1の発見者が石田靖雅先生です。発見の経緯や研究展開の課題についてお話しいただきます。


また、社会福祉振興助成事業報告では、安田義氏(神戸市立医療センター中央市民病院整形外科・京都大学医学部臨床教授)にビデオ発言をいただきます。


健康づくりとがん治療研究という異なる分野でのいずれも最先端のとりくみをご紹介する平和会公開医療講演会に、ぜひおこしください。


日  時  2019年7月27日(土)14:00~16:00
       14:00~社会福祉振興助成事業報告 14:30~公開医療講演会 場  所  奈良県歯科医師会館 講堂 奈良県奈良市二条町2丁目9-2 参加費   無料
申し込みは、このリンクまたはスマホの方はQRコードからお申し込みください(6月17日より受付開始)
イメージ
「健康寿命日本一へ 奈良県の挑戦」「毎日」奈良版連載に平和会のとりくみ


昨年より月1~2回のペースで20回にわたり、毎日新聞奈良版で連載された「健康寿命日本一へ 奈良県の挑戦」の記事は、奈良県内の健康づくりのとりくみや課題をとりあげた意欲的で示唆に富んだ内容が、大いに参考になったものです。  うれしいことに、その最終回(2019年5月27日付け)は、私たち平和会のとりくみの取材記事でした。
健康運動教室が介護予防に成果をあげ、厚生労働省の「第6回健康寿命をのばそう!アワード」にて健康局長優良賞を受賞したこと、地域に健康運動教室を広げるためには、事業に法上の制約を受ける医療機関がとりくめるように、市の「保健福祉事業」として位置づけることの必要や、平和会が提唱する「指導者養成事業」が今年度の社会福祉振興助成事業に認定されたことなど、くわしくふれられています。
「介護予防と保健事業の一体化には医療機関も参加するのが望ましい」とは、今日の厚生労働省の考えです。奈良市医師会長の積極的な言葉も紹介されています。
「医療と福祉 垣根どこまで」と課題も明白にした記事は、今後行政の協力を得ることをめざす上でも、私たちのとりくみに大きな力となると思っています。


イメージ
医療機関と住民の協同で健康運動教室を発展させる指導者養成事業WAM(福祉医療機構)による助成内定

4月3日、福祉医療機構(WAM)の2019年度社会福祉振興助成事業募集に、わたしたち平和会の「医療機関と住民の協同で健康運動教室を発展させる指導者養成事業」が選ばれ、上限700万円の単年度事業が内定しました。
健康運動教室は、健康友の会と平和会との協力で発展してきましたが、指導者を養成するあらたな事業にとりくむことで、平和会ばかりか、市内のあらゆる医療機関様で実施が可能となり、市内各地で身近な教室が数多く開かれることできると考えるものです。
具体的には、助成金を利用してボランティア健康運動指導者養成講座の開講(インターネットを利用)や、活動量計貸し出しによる奈良市版「おでかけ健康法」体験事業に取り組んでいく計画です。
指導者養成のためのテキスト作成にあたっては天理大学体育学部体力学研究室中谷敏昭教授や平和会健康友の会の協力をいただきます。
 今後、他の医療機関や薬局に事業への参加をよびかけるために、市内の医療関係団体の協力をお願いするとともに、健康運動教室を奈良市の保健福祉事業(介護保険の横だし事業)に位置づけをめざし、市にも働きかけていく考えです。
 健康運動教室が一医療機関のとりくみから、市民の健康寿命延伸に向けた全市的な医療機関のとりくみへと、大きく発展していく可能性を開いた点で、今回の助成内定は画期的なものになります。

参照 WAMホームページ プレスリリース
イメージ
自分で試してみてください 「ひさやま元気予報」
 健診(検診)を受けてなくてお亡くなりになったと聞いたときには、仕事柄、残念でならない気持ちになります。ましてや一緒に何かすることが多かった方だとなおさら。それだけに日頃から健診の促進には無関心でおれません。  そんななかで教えてもらったのが、その名もユニークな「ひさやま元気予報」という、新たな生活習慣病発症予測ツールです。  昨年平成30年9月18日から運用開始され、「ふくおか健康づくり県民運動」の情報発信サイトで見ることができます。
 「ひさやま元気予報」は、50年以上にわたり九州大学と久山町が協力して実施している疫学調査「久山町研究(注参照)」の最新の成果を活用し、糖尿病等生活習慣病の発症リスクを予測するもので、だれでも無料で利用できます。  「ひさやま元気予報」へのアクセスはこちらから。  「 年齢、体重、血圧、血糖値等を入力・選択すると、5年後、10年後の糖尿病等の生活習慣病の発症確率や同性同年代の人と比較した発症リスクが天気予報の形で表示されます。  また、体重を減らした場合や禁煙した場合など、具体的な健康づくりの取組みにより、どの程度発症リスクが低下するか、シミュレーションすることもできます。曇から晴れ、快晴と表示が変わるのを見ていると、頑張ろうかとモチベーションもあがるというもの。  これは良いと思ったのですが、「営利目的・非営利目的を問わず、本サイトを第三者の保健指導やそれに準ずる行為のために使用することは禁止」されています。残念ですが、個々人で試していただくしかありません(検診結果必須)。せめて紹介することにいたしましょう。
注)久山町研究
 「九州大学と久山町が協力し、久山町の住民を対象に、50年間以上にわたり生活習慣病(脳卒中・虚血性心疾患、悪性腫瘍・認知症など)の疫学調査(久山町研究)を行っているもの」。
イメージ
「グループ運動」転倒リスク低い 成城大学林尊弘助教らのグループが行った研究について、テレビ報道があったことを近藤克則先生よりメールでお教えいただきました。
NHK東海のニュース番組での報道でしたので、ご存知ない方が多いかと思い、紹介させていただきます。

報道の内容は、高齢者が運動する場合、グループで行った方が1人で行うより転倒するリスクが低くなるという研究結果を、愛知県東海市にある星城大学などの研究グループがまとめたというものです。

教えていただいたプレスリリースによれば、65歳以上の要介護認定を受けていない男女へのアンケート調査行ったJAGES(Japan Gerontological Evaluation Study, 日本老年学的評価研究)プロジェクトのデータを使用し、19,257人の回答を分析。

分析対象者のうち、運動をしていない人は7,598人、「1人」で行っている人は7,849人、「グループを含む」運動をしている人は3,810人で、転倒経験(複数回)は887人(4.6%)の高齢者で経験しており、運動をしていない人で456人(6.0%)、運動を1人で行っている人で327人(4.2%)、グループを含む運動を行っている人で104人(2.7%)。運動実施パターンと転倒経験との関連の分析の結果、運動を1人で行っている人よりグループを含んでいる人で転倒が少ないことがわかったということです(オッズ比0.75、統計学的有意差あり)。

グループ形式での健康運動教室の展開をめざして取り組む私たちにとっては、力強い励ましとなるものに思います。

井上


報道
プレスリリース


イメージ
11月3日の吉田病院健康まつりでおでかけ健康法をPRします医療講演会や健康チェック、吹奏楽演奏、こどもの広場、模擬店など盛りだくさんなまつりです

11月3日(土)の祝日の日、奈良市西大寺赤田町の吉田病院では、病院創立90周年、平和会健康友の会創立30周年を記念する健康まつりが開催されます。10時~14時 入場無料、荒天中止。
健康まつりでは、医師や専門家による「これって認知症?」の話や地域緩和ケアにたずさわる医師より「もし・つた」のタイトルでもしものことを伝えてゆこうとの内容の医療講演会が行われます。また、恒例の健康チェックをはじめとする「あんしん健康フェア」や「健康づくりのブース」があり、平城中学吹奏楽部の演奏会や奈良蟻の会のコンサートも催されます。他にも「写真でふり返る吉田病院の90年」他の展示や特別展、「こどもの広場」ではおやつコーナーやスーパーボールすくいと、盛りだくさんなイベントになっています。来場者には記念品のプレゼント、福引きもあり楽しみです。
今回のまつりでは、「おでかけ健康法」(メッツ健康法)をしっかりアピールしようと、企画に加えてもらいました。奈良県に講演も依頼し、スポーツ用品メーカーのミズノ(株)に協力いただいて、メッツ健康法の紹介や活動量計の展示、体験ができるように準備をしていますので、ぜひお越しください。


(井上)

●メッツ健康法の紹介(T&S通信掲載)
シリーズ①~④
シリーズ⑤~⑧




イメージ
せっかく歩くのなら、おでかけ健康法(メッツ健康法)
中之条研究が明らかにした、1日8000歩・うち速歩き20分があらゆる病気をふせぐ



健康づくりといえば、まずウォーキングを思い浮かべます。 何もしないよりはましと思われがちですが、漫然と歩いていてはダメ! 逆に運動はしすぎてもリスクがある。あらゆる病気の予防には、1日8000歩・うち速歩き20分の歩行がよい。

これをメッツ健康法と名付け提唱しているのが、東京都健康長寿医療センター研究所の青栁幸利博士です。

先生が、群馬県中之条町において18年にわたり65歳以上の住民5000人の協力で行ってきた研究の結果、1日の「歩数」と「中強度の活動時間」が少なくなるほど、各病気の有病率が高くなることが明らかになりました。これが元となり、中強度の身体活動を日常的に管理することで、さまざまな病気の予防が可能とするのがメッツ健康法です(冒頭の表参照 METsとは?、中強度は年齢により異なってくる、など詳しくは添付ファイル参照)。

エビデンスがあって無理なく、今運動をしていない人は4000歩からはじめ、1000歩ずつふやしていくという具合に、目標も明確で立てやすく感じます。これは大いに普及する価値があるのではないでしょうか。

要は中強度になりますが、今では中強度の身体活動あるいはMETsが測れる歩数計(活動量計)も各種市販され、価格も手頃なものができてきています。

スマホにも歩数計が備わるご時勢ですから、中強度が測れる活動量計を用いて、より科学的で安全と思える歩行をすすめているメッツ健康法は、ポピュレーションアプローチとしてもかなり有望に感じられます。